ダーツマン 〜 趣味でダーツをやっている者だ

独断と偏見で自分のオススメ情報だけをお送りする NO DARTS NO LIFE な人のブログ

MONSTER 空牙 を投げてみた❗️

MONSTERの空牙を投げてみましたー。

 

畑野千春プロモデルで、モンスターのWEBショップ限定で発売されていました。

市販されていないので、あまり知ってる人いないんじゃないですかね?

 

畑野プロといえば北海道を代表するトッププレイヤーでパーフェクトで活躍中です。なんといってもburnのファイナリストのイメージが私は強いです。

 

では、バレル。

f:id:yuki02158:20170418235428j:image

 

空牙 No.5

セッティング重量19g
バレルのみは 17.5g


長さ  42.0mm

最大径 7.5mm

 

バレル重量は、畑野プロがテストを重ねてこだわりぬいた重量の17.5gとのこと。

 

バレル前方。

前の方はシンプルですね。

NO5なので先端は細めになってて、このフォルムカッコいいです。

『空牙』との刻印もあります。漢字での刻印はかっこいいですよね。海外だとすごいウケそうな気がします。

f:id:yuki02158:20170418235439j:image

 

バレル後方。

f:id:yuki02158:20170418235445j:image

シャフト側にはダブルリングカットとバーティカルカットを合わせて配置。
これにより、指が前後にずれることを抑制される設計になっているようです。

実際にカットはそれほどキツイカットではないですが、しっかり指にかかるカットになってます。

グリップ位置の太さも、結構太めで握りやすい太さになっていました。

 

ちなみに「空牙」のコンセプトは、

垂れずに落ちる!だそうです。

 

本人曰く、

 

ソフトダーツは、ソフトボードに穴が開いている為、刺さったダーツは水平になります。その為、2本目3本目のダーツが弾かれる事も度々おきます。

なぜかと言うと、ダーツの落ち方に問題があるからです。

水平に刺さってる物に対して水平に落とす事は面に対して面で行くので、弾かれる可能性が高くなります。

それに対して「空牙」は、面に対して点で行くので、弾かれる確率が下がるわけです。

刺さる手前で後部が下にさがって弾かれる!って悩んでる方は是非使ってみて下さい。

 

とのことで、畑野千春プロ独特の理論が設計に盛り込まれてあります。

投げてみたくなるダーツですよね(笑)

 実際投げてみても、かなりバランスのいいバレルです。カットもきつすぎないですし、コントロール性も高いです。

なかなか手に入らないてますが、オススメできるダーツです。