ダーツマン 〜 趣味でダーツをやっている者だ

独断と偏見で自分のオススメ情報だけをお送りする NO DARTS NO LIFE な人のブログ

TRINIDAD TOY を使ってみた(新旧比較)

 トリニダードのロングセラーダーツケース『TOY』ショートバージョンを使ってみました。

 

フライトをつけたままダーツが収納でき、ケースの重量も軽く人気のケース。

 最近はロングバージョンも発売され、長めのダーツを使用している方はロングバージョンがあります。選択の幅が広がりますね。

 

この形状のケースの元祖はトリニダードですが、現在では各社から同じような形状のケースが発売されています。

 

今回は現行のTOYとその前の旧バージョンの比較も行なっています。

 

上 旧バージョン、下 現行バージョンです。

f:id:yuki02158:20170507122045j:image

 f:id:yuki02158:20170507122051j:image

 上下から比較してみましたが、この辺りは新旧変わりません。

 

ケースの中です。

こちらは旧バージョン

f:id:yuki02158:20170507122108j:image

 こちらは現行バージョン

f:id:yuki02158:20170507122113j:image

 

 中の仕様も変わりませんが、この辺りで少し違いに気づいた方もいるかもしれません。

 

 

 上が現行バージョン

下が旧バージョン

f:id:yuki02158:20170507122120j:image

 気づきました?

現行バージョンでは、ファスナーが変更されています。

 

f:id:yuki02158:20170507122128j:image 

上が現行バージョンです。

ファスナーの持ち手部分のスライダーも変更されていてオシャレになっています。

 

実際に比較してみるとわかるのですが、旧バージョンではファスナーがちょっと硬めでした。少し引っかかる感じ。

現行バージョンでは、その辺が改善されていて、ファスナーが滑らかに動きます。

 

実際に使って見た感想ですが、ダーツケースとしては出し入れがすごい楽です。

ファスナー開けて入れるだけなので。

 

ただ注意点として、ケースの中でダーツがけっこう動きます。変形しやすいフライトを使用している方は、持ち運びでフライトが変形する可能性があるので注意が必要です。

私はコンドルフライトを最近使っているので、ちょっと変形が心配でした。なので、ダーツがあまり動かないように、中の台座とダーツをまとめて固定するために、100円ショップでマジックテープを買ってきて固定してみました。

ゴムバンドとかでも良さそうです。

 

人気のケースTOYは、ダーツ以外のパーツの保管用に使用しても便利なので、1個あっても損しないケースですよ!