ダーツマン 〜 趣味でダーツをやっている者だ

独断と偏見で自分のオススメ情報だけをお送りする NO DARTS NO LIFE な人のブログ

フォロースルーを安定させる方法

先日PERFECT横浜で優勝した鈴木徹選手が、フォロースルーが安定しないと悩んでいるとの話がありました。

 

基本的にフォロースルーは、ダーツを離した後のミスを軽減するための動作なので、ダーツが狙ったところに飛んでいる時は気にしなくてもいいのですが、トッププロともなると100%近い再現率を追求するだけに、投げ終わった後の状態も気になりますよね。

 

フォロースルーが乱れるのは、スローの動きの中で腕全体だったり指や手首などダーツをコントロールしようとしているためであることが多いです。イメージとのズレにより、投げている途中で指などで調整しようとした結果、フォロースルーで手が自然と伸びない状態となってしまうことが多いです。

 

フォロースルーを安定させるひとつの方法として私が有効だったもののひとつに

 

『手を前に抜く』

 

というものがあります。

 

言葉で表現するのは難しいのですが、

リリース時にダーツを離した手を、ダーツの進行方向に対して、リリースしたダーツを追い抜いて滑らせるように前に抜くようなイメージで投げるというものです。

 

実際はイメージだけでダーツの前に抜けるわけではないですが、前に手を抜くようにすると自然に手がターゲットに向くようになります。

 

フォロースルーにお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか?