ダーツマン 〜 趣味でダーツをやっている者だ

独断と偏見で自分のオススメ情報だけをお送りする NO DARTS NO LIFE な人のブログ

L-Styleから発売された シャフト、ティップリムバー ”bull”を使ってみた!

 発売前から見た目のかわいさから何かと話題だったシャフト、ティップリムーバーの ”bull” を早速使ってみました。

 

パッケージからもうかわいいですよね。L-styleのパッケージセンスはずば抜けてるなーといつも思います。

f:id:yuki02158:20170827172300j:image

今回は1番オーソドックスな色を購入してみましたが、全部で4種類販売されました。4種類購入してパーツを組み替えてみたいところですが、残念ながら予算が足りません(*´Д`*)

 

早速開封です。

実際の商品はこちら。

f:id:yuki02158:20170827172307j:image

 んー、かわいい。

 

f:id:yuki02158:20170827172333j:image

外側はゴム製になっています。 デザインもおしゃれですよね。

 

外側のブルの蓋を回転させると外れるようになっています。開けて中をみてみると、中にはバレルの太さに合わせて使用できるアダプターが2種類収納されています。

f:id:yuki02158:20170827172348j:image

 

 外側の蓋になっているブルを拡大したところ。こちらは正面から。 

f:id:yuki02158:20170827172625j:image

 

そして裏から見たところ。

f:id:yuki02158:20170827172642j:image

 

 bullはティップホルダーとしても使用可能です。ティップの規格やメーカ問わず使用できます。

f:id:yuki02158:20170827172429j:image

 

いっぱい刺さります。

f:id:yuki02158:20170827172432j:image

 

もちろんダーツスタンドとしても使用可能です。

とりあえず6本刺してみました。左3本はスティールダーツですが、一応穴にははまったので使用可能です。

f:id:yuki02158:20170827172444j:image

 

 アダプターを格納している内側には、小物を収納することもできます。

ちなみにティップも入れてみましたが、さすがに収納できませんでしたね。

f:id:yuki02158:20170827172408j:image

 

 

では実際のメイン機能でもあるリムーバーの機能を詳しく見てみます。

f:id:yuki02158:20170828090050j:image

 

裏側の穴のところに針のようなものが出ているのが見えますか?

このリムーバーのポイントの1つがこの針状のリムーバー。従来のリムーバーが使いづらい理由の1つがリムーバーの形状でした。よくあるのがマイナスドライバーの両端を尖らせた感じのもの。あれ、なかなか取れないんですよね。

で、普通のリムーバーで取れない時にどうするかというと、最終手段として針状になった工具を熱して折れたティップとかに刺して回してとるんです。熱するのは刺した部分を溶かすことでカラ回りしないように滑り止めにするんです。

 

このbullはその最終手段に用いられる針状工具をそのままリムーバーにしちゃったところが画期的なんですね。

これを折れたティップやシャフトに刺して取り出します。

 

また、中央からやや左にリムーバーが位置しているのが、この商品のポイントのもう1つですね。 

f:id:yuki02158:20170827172509j:image

 

 わかりづらいので拡大。みえました?f:id:yuki02158:20170827172528j:image

f:id:yuki02158:20170827172544j:image

 この針の部分が中央に位置していると、刺したバレルを回してもカラ回りするだけで、折れたティップを取ることはできません。もちろん針部分を熱することもできませんよね。bullが溶けちゃいます。

それを解決したのが針の位置を中心からズラすというもの。これだと折れたチップの部分に刺しても中心からズレているので回した時に引っかかりがうまれて、カラ回りしないんですね。

非常によく考えられています。

 

使い方は簡単。

この穴の部分にバレルを入れて、折れたティップやシャフトに針部分を刺して、あとは差し込んだバレルを回してティップやシャフトを取り除きます。

バレルの太さによって選んだアダプターを穴にはめ込むことで、より簡単に取り除くことができるようになります。

 

付属のアダプターを見てみます。

左の赤が直径が細めのバレルに使用するアダプター。

右の白いのが標準的な太さのバレルの時に使用するアダプター。

穴の大きさが違うのがわかります。

f:id:yuki02158:20170827172559j:image

 

実際に計測してみました。

標準サイズ用の白いのは内側の直径が6.6mm f:id:yuki02158:20170827172720j:image

 

細いバレル用のほうは5.7mmf:id:yuki02158:20170827172740j:image

 

6.6mm以上の場合は、アダプターは使用せずに直接使用します。

 

f:id:yuki02158:20170827172745j:image

実際に計測してみたところ、7.6mmでした。

直径7.6mmのバレルまでは使用できるということになりますね。

 

実際にアダプターを使用してみました。

白の標準サイズのものを装着したところ。 

f:id:yuki02158:20170827172807j:image

 

白のアダプターは先ほど計ったときに6.6mmだったので

直径が6.6mmのOGRE6を差し込んでみました。

f:id:yuki02158:20170827172824j:image

ぴったりですね。まわすのも問題なく回せました。 

 

こちらはフィルテイラーのターゲットの POWER G4 

一番太いところで太さは7.7mmですf:id:yuki02158:20170827172841j:image

f:id:yuki02158:20170827172845j:image

 

6.6mmまで対応の白のアダプターをつけたままだと、もちろん入りません。

f:id:yuki02158:20170827172900j:image

 

アダプターをとって、アダプターなしの状態にします。

先ほど計測した時は内側の直径が7.6mm 、バレルは7.7mm 。。。f:id:yuki02158:20170827172930j:image

 

実際に入れてみると、ギリギリ入ります。前と後ろは最大直径よりも少し細くなっているので使用できそうです。 

f:id:yuki02158:20170827172905j:image 

 

 実際に使用してみると、幅広いバレルに対応していることがわかりました。

通常のリムーバーひ小さいものが殆どですが、このbullはある程度大きいので、バレルを回す時にも固定しやすい。グイグイ回せます。

唯一大変だったのが、折れたティップとシャフトに刺すとこですね。カーボンシャフトとか刺さるのかな??

 

あと個人的に懸念されるのは、リムーバーの針とbullの結合部分の強度。bullはプラスチック製なので、グイグイ回してたら針が折れちゃったということにならないかはちょっと不安です。

 

リムーバとしてだけでなく、小物ケースやティップホルダー、さらにはダーツスタンドとしても使用できて実用的です。

そしてなにより見た目がかわいいのが1番ポイント高いでしょう。

 

しばらくしたらみんなケースに付けていそうな気がします(笑)

 

今後のカラーバリエーションの展開に期待したいですね。

ちなみに私が欲しい色は、黒×オレンジです(笑)