鋼矢道(ダーツマン 〜 趣味でダーツをやっている者だ)

独断と偏見で自分のオススメ情報だけをお送りする NO DARTS NO LIFE な人のブログ

William Hillワールドダーツチャンピオンシップ 12/15

ワールドチャンピオンシップ2日目は注目の試合が目白押し❗️

まずは日本の浅田斉吾 が登場❗️

0回戦のゴードン戦に接戦の末勝利して見事一回戦に駒を進めます。

そしてその日の最終戦に再び登場。

一回戦が、ロブクロスとの対戦という運がいいのか悪いのか?

今年頭角を表し未来のワールドチャンピオンの呼び声も高いロブクロス❗️現時点でもトップ5に入る実力派です。

結果は0-3のストレート負けでしたが、浅田選手は随所に素晴らしいダーツをみせ、180やブレイクをとるなど内容としては遜色のないダーツでした。

浅田選手は近い将来イギリスでPDCに参戦すると思いますが、その可能性を感じる試合内容でした。

 

また、本大会での引退を表明している神様 フィルテイラーの一回戦も行われ、順当に一回戦を突破。優秀の美を飾れるか?これから調子も上がってくるのではないかと思います。

 

また、若手NO1のデミトリ ヴァン デ バーグも一回戦を突破。本大会でどこまでいけるかが注目の選手です。要チェックですよ。

12月15日(金)
<プレリミナリーラウンド結果>
浅田斉吾 2-1 ゴードン・メーザーズ


<一回戦組結果>
ディミトリ・バン・デン・バーグ 3-1 ステファン・バンティング


フィル・テーラー 3-1 クリス・ドービー


ロブ・クロス 3-0 浅田斉吾