鋼矢道(ダーツマン 〜 趣味でダーツをやっている者だ)

独断と偏見で自分のオススメ情報だけをお送りする NO DARTS NO LIFE な人のブログ

ダーツライブ 3をやっと投げてみた

f:id:yuki02158:20180709080642j:image

 

ダーツライブ 3のサービス開始から、かれこれ2ヶ月ほど経ちますが、やっと投げてみたので感想を書いていこうと思います。

 

まずは投げに行く前に必ずやっておいてほしいこと

ダーツライブ 3のアプリをインストールする

②customize で edit screenを選択

throw cameraを設定しておく

 

 

センターカウントアップとスキルチェックが楽しい

 

センターカウントアップは中心に近いほど点数が高いカウントアップ。

より中心を意識して練習できます。インブルを狙った練習に最適でした。

最高得点は14400かな?ますば10000〜13000点を目指しましょう。

 

スキルチェックは与えられた課題をこなして、現在のスキルを計測します。

驚いたことに大体いまのレーティングと同じになります。項目ごとにスキルがわかるので、自分のウィークポイントを明確にすることができます。

 

 

ダーツライブ 3 のおすすめポイント

正直なところ、なかなか投げに行かなかったのは、ダーツライブ 3をプレイできる場所が少ないのと、行っても投げられないことが多いので、投げたい熱が冷めてしまったこともあり、最近はそれほど魅力を感じていなかったからでした。

 

しかし実際に投げてみると非常に魅力的な台でした。

 

ダーツライブ 3は上手に利用すると

かなりのスキルアップが望める台

ということがわかりました。

 

一番のおすすめしたいポイントは

スローカメラ

です。

これは実際に投げた正面からの動画を

3投全て確認できるというもの。

動画は刺さった矢を全て抜くまで繰り返し確認できますし、再生速度もタッチパネルで変更できます。

また、動画は縦と横にラインが入っているので、どのポイントでリリースしているか、矢がどの辺りを通っているか、毎回同じ投げ方をしているか、など自分で細かく確認することができます。

 

実際、家やお店で動画撮って練習している人も多いと思いますが、これは簡単にそらができますし、全てのスローを確認できるのはスゴイ便利。

 

実際に3時間ほど投げましたが、

私の場合、入らない時の気づきとして

・セットアップの位置にズレがあったため、リリースした瞬間の矢の位置がズレていた

・フォロースルーで手がターゲット に向かっていない

・入らなかった時のフォロースルーの時の手が思っていたよりもかなり変

・3投目投げ終わった後の動きだしが思っていたよりも早い

と、もう出るわ出るわw

この辺りを動画を毎回チェックしながら修正しました。

 

 

そしてもう1つのオススメポイント

スピードガ

これは矢速を測ってくれるものですが

これが意外にもかなり参考になります。

 

先ず最初に自分の矢速が想像していたよりも速くてビックリw

どんなに遅くしようとしても、全然遅くなりませんw

ま、これはいいのですが、実際に3投投げてみて矢速にバラツキが結構あることに驚きました。

私の傾向としては3投目が矢速が早い傾向にあり、矢速を均一にするように意識したところ、グッとハット率が上がりました。

 

その他、おすすめポイントとして

・オートチェンジ

    これはかなり楽です

・視認性

    ボードの視認性が上がってて、かなりはっきりした色で見えます

・ゲーム設定を引き継いでのリプレイ

   501 セパプル ダブルアウトの設定を毎回しなくても繰り返しゲームができるのが良かった

・アプリでのゲーム再生

  これはハウストーナメントやリーグなどの試合結果を確認するのはすごく良いと思いました。ただ普段は確認しないかなとw

 

ダーツライブ 3のデメリット

正直デメリットはあまりないですが、

オンライン対戦がまだできないことがデメリットでしょうか。来年サービス開始との噂があるので、これは待つしかないですね。

個人的にはムービーテーマやアワードムービーが使えないのが1番のデメリットだと思います。変化がないと投げてても飽きてしまいますからね。これもそのうち対応されるのかなと思ってます。

あとは、ゲームスタートがちょっと遅いのと、画面操作で見たことない言葉があり操作に謎が残る。くらいでしょうか。

 

ただ、ライブ2に比べるとテーマ集めなどのやりこみ要素がまだまだないので、今はお試し期間かなと思います。