鋼矢道(ダーツマン 〜 趣味でダーツをやっている者だ)

独断と偏見で自分のオススメ情報だけをお送りする NO DARTS NO LIFE な人のブログ

村松治樹 最新モデル TARGET RISING SUN 3.0 STEAL を投げてみた

村松治樹プロの最新モデル、ターゲット ライジングサン 3.0

そのSTEALモデルを投げてみました。

 

治樹さんのライジング・サンって毎年ターゲットの最新技術を先取りしているんですよね。色々と楽しめるダーツです。

 

パッケージはこちら

f:id:yuki02158:20181003191756j:image
f:id:yuki02158:20181003191800j:image

スペックはこちら

【STEEL】
タングステン95%
全長:45mm
最大径:7.8mm
バレル重量:20.5g(ポイント込み)

 

参考までにソフトダーツモデルのスペックです

スペックは変わらないですね。ポイントの重量差くらいかなと思います。

【NO.5】
タングステン95%
全長:42.5mm 
最大径:7.8mm
バレル単体重量:19.5g

【2BA】
タングステン95%
全長:42.5mm
最大径:7.8mm
バレル単体重量:19.5g

 

では、詳細をみていきましょう。

まずは全体。ライジング・サンの特徴でもあるバイカラーパックは前作から引き継がれていますね。鮮やかなブルーが2本とクロムコーティングのシルバー1本から構成されます。
f:id:yuki02158:20181003191906j:image
f:id:yuki02158:20181003192007j:image

 

まずは、STEALということでポイントからみてみましょう
f:id:yuki02158:20181003191748j:image

箱からダーツを取り出して最初にびっくりしたのが、このポイントでした。

ストームポイントなのですが、マイクロカットが施されているんですよね。

これは知らなかったのでびっくり。


f:id:yuki02158:20181003191917j:image

もちろん、これだけ細かい細かい細工がされているとボードへの食いつきがかなりいいです。ま、ボードの痛みは激しくなりますが(笑)

 

バレルとポイントの接合部です。ポイントの根元までびっしり加工がされています。
f:id:yuki02158:20181003191914j:image

 

バレル前方部。

V-Streamカットと呼ばれる細やかなフィン状のカットが施されています。

グリップとグルーピング性能の強化に作用するとのこと。

このカット、かなり鋭い感じで手が切れそうなくらいでした。
f:id:yuki02158:20181003191751j:image
f:id:yuki02158:20181003191742j:image
f:id:yuki02158:20181003191903j:image

 

f:id:yuki02158:20181003233127j:image

写真だとなかなかわかりづらいかもしれませんが、縦にカットが入ってますね。

溝の無い部分の前と後ろには斜めの細かいカットも入っています。

 


f:id:yuki02158:20181003191911j:image

 

 

バレル中央部。

リングカットがあって、ダーツを握った時のひとつの目印になります。
f:id:yuki02158:20181003191754j:image

 

バレル後方部。

今回のバレルのコンセプト 

~求めたのは『球』感~

の通り、もう見たまんま「球」ですね
f:id:yuki02158:20181003191909j:image
f:id:yuki02158:20181003191745j:image

 

球をつまむように、という村松プロのリクエストで設計されたようで

グリップエリアには、マイクログルーヴ+マットグリップ加工の新しい感触のダーツです。コントロール安定化するらしいですよ。

前回のライジング・サン2.1 で採用されていたマットグリップに、細かいカットのマイクログルーブが追加されたことで、カットなしのノーグルーブに近いですが、前作よりもカットがある!という感触が得られます。

f:id:yuki02158:20181003233218j:image
f:id:yuki02158:20181003233208j:image

 

そしてこれが村松治樹プロのセッティングにしてみたもの。

村松プロはシャフトが370くらいなので、全体的に長くなりますよね。

その分、直線的にダーツがとんでいきます。
f:id:yuki02158:20181003233204j:image

 

最後に前作までのライジング・サンとの比較です

上から、1.0 , 2.0 , 2.1 ,3.0です。
f:id:yuki02158:20181003233211j:image

並べてみると、アウトラインはあまり変わってないんですよね。

毎回大きく変わるのはグリップゾーンのバレル後方部分。

普通、この部分はあまり変えたがらないような気がするのですが、村松プロのチャレンジ精神が伺えます。

村松プロがモンスターに在籍していた時代から、バレルのくびれを利用して投げる、またはカットなしのバレルを投げる、を調子によって使い分けていたので、そのコンセプトだけはいまだにブレていないのかなと思われます。 

 

今回ライジング・サン3.0を投げてみましたが、個人的な感想は、

3.0は1.0と2.1のいいとこ取りのハイブリットって感じかなと思いました。

自然にダーツが押せる形状ですし、カットも指に引っかからない感じですし

コンセプト通り「球」を指で押し出して投げるみたいな感触で、さすが村松プロって感じのダーツです。

ぜひ試してみてほしいダーツですね!