鋼矢道

独断と偏見で自分のオススメ情報だけをお送りする NO DARTS NO LIFE な人のブログ

村松治樹 新作モデル! TARGET RISING SUN 4.0 を投げてみた

TARGET RISING SUN 4.0 HARUKI MURAMATSU を投げてみました。

今回は本人使用のNo5モデルを購入してみました。スペックはこちら。

 

RISING SUN4.0 NO5 SOFT
材質:タングステン95%
全長:42.5mm
最大径:7.8mm
バレル重量:22.0g

 

今回のテーマは 

~至高のアウトライン&コーティング~

 

メーカーの説明分によると

村松治樹選手からのノーグルーヴバレルのリクエストに応えアウトラインを一新。
前作からの『球感』を継承しつつ曲線を組み合わせ、より艶やかな風貌、握りやすいサーフェスに。

とのこと。また、バレルには高硬度のブルーDLC(ダイヤモンドライクコーティング)が施されています。通常はDLCコーティングでカットの摩耗を防げるのですが、No5はカットがないのであまり関係ないかなと思いました。

 

村松プロのレビューを見たところ、前作のモデルはバレルのカットで指が切れると苦情が多くあり、今回はカットなしにしてやった!と、なんとも村松プロらしいユーモアあふれるレビューになっていました。確かに私も前作のバレルで指切れそうになりました。また、重さも22gと重い部類のバレルなので、村松プロ曰く、筋トレしてムキムキになって使用してくださいとのことでしたw

あと、PDCのワールドカップで使用していたスティールのプロトタイプとはバレルの形状が若干違うようです。バレル後方のグリップ部分の形状が、プロトタイプはいかにもここ持って!って感じだったようですが、より滑らかな曲線に変更になっているようです。プロトタイプのほうが良かったなーと思っていた方は、がっかりしてくださいとのことですw

 

ちなみに村松プロ使用のNO5とSTEELはカットがないノーグルーヴバレルですが、
2BAモデルはグリップしやすいように細かいリングカットが入ったマイクログルーヴバレルとなっています。また重さも19gと思いバレルが苦手な人にもちょうどいい重量となっています。

 

ではパッケージから

f:id:yuki02158:20190908115037j:image
f:id:yuki02158:20190908115139j:image
f:id:yuki02158:20190908115116j:image

 

バレルのコーティングは場所により色合いがだいぶ違います。青一色というよりも緑から紫までレインボーカラーといった印象でした。
f:id:yuki02158:20190908115146j:image
f:id:yuki02158:20190908115120j:image
f:id:yuki02158:20190908115125j:image

 

バレル前方部
f:id:yuki02158:20190908115154j:image

 

バレル後方部
f:id:yuki02158:20190908115134j:image

バレル後方部の一番膨らんでいるところの太さは7.7ミリでした
f:id:yuki02158:20190908115111j:image

 

ほかの場所も計測してみました。

バレル前方は6.3ミリ
f:id:yuki02158:20190908115201j:image
f:id:yuki02158:20190908115105j:image

 

バレル最後部のグリップ部分は5.7ミリ
f:id:yuki02158:20190908115142j:image
f:id:yuki02158:20190908115209j:image

 

多くの人はバレル後方をグリップすると思うので、5ミリ後半から6ミリ前半くらいのバレルをグリップした感触に近いと思っていいと思います。

 

 

ここからは私のおすすめセッティング。

フライトは村松プロのスーパーダーツチャンピオンモデルを使用してみました。
f:id:yuki02158:20190908115131j:image

個人的におすすめしたいのは、シャフトは村松プロが使用しているのと同様の形状、スリムタイプのシャフトを使用することをお勧めしたいです。

バレルのかなり後方をグリップすることになるので、どうしてもシャフトに指がかかってしまいます。スリムタイプのシャフトを使用すれば、より押し出す感覚で投げることができます。

スリムタイプのシャフトはマットな感触が良ければカーボンタイプ、バレルに近いつるっとした感触が良ければ写真のようなクリアなシャフトがいいかなとおもいます。

シャフトの長さは村松プロは440と長いですが、長さは好みで選んでいいと思います。私としては330がベストと感じました。

 

個人的には前作よりも投げやすいと感じました。玉感も前作同様かなり感じます。2BAモデルもかなり気になるので、手に入れて投げてみようと思いました。

 


 


 

 

こちらは2BAモデル


 

 

浅田 斉吾 PERFECT 5試合出場停止処分について まとめてみた

今日は最近話題のこれについて詳細をまとめてみました。

 

f:id:yuki02158:20190831133915p:plain


出場停止処分 | PERFECT プロソフトダーツトーナメント

 

浅田選手がPERFECT5試合出場停止処分を受けたと発表されました。

最近いろいろなうわさはありましたが、発表直後はかなり話題になりましたね。

出場停止が発表されたのは8月29日。第21戦の山口大会は8月17日、続く第22戦の新潟大会は8月24日と発表前の2試合の欠場の原因は出場停止処分によるものでした。

浅田プロは9月15日の地元の大阪大会まで参加できません。地元で開催されるPERFECTに参加できないのはかなりの痛手ではないでしょうか。

 

なぜ出場停止となったのか。その原因は気になりますよね。

 

原因となったの試合は韓国で7月5日に開催された

2019 PHOENIX SUMMER FESTIVAL

対戦相手はTRiNiDADプレイヤー でもあり最近PDCでも好成績を残している

スペインの ホセ・デ・ソウサ選手 

 

では、実際にどのようなことがあったのか。

発端は試合前の空投げ。ルール上では空投げは1回となっていたようですが、ホセ選手が数回空投げをしたようです。

そのまま試合に突入しましたが、この試合浅田選手はホセ選手に敗退。

 試合後、浅田選手はホセ選手がルール違反で空投げを複数回行ったことに対し、運営に強く抗議したみたいです。通訳を介して行われた講義ですが、その抗議が運営、スポンサーの怒りを買ってしまったようです。

その後、スポンサーから日本のPERFECTに処分の要求があり、PERFECTも悩んだ結果5試合の出場停止処分ということになったようです。 

 

フェリックス社長のT-BもT-B TVでこの話題に触れ、敗戦後の抗議はカッコ悪いといった内容の話をしていました。

私も負けたあとに空投げの回数などで運営ともめるのはカッコ悪い行動だとは思います。浅田選手は以前のスーパーダーツでも敗戦が濃厚になった時に照明がまぶしいと試合を中断し、各方面から非難されてました。その時は本人も反省し謝罪もしてましたが、また似たような事例が出てきてしまい、今回はPERFECTからプロとして不適切な行為という判断を下され、ペナルティまで課せられる結果となってしまいました。

浅田選手はこの辺のコントロールができないと、今後苦しくなりそうです。国内だけではなく海外でも、浅田選手に勝つために様々な手をつかって嫌がらせをし、怒らせようとするでしょう。怒らせてしまえば浅田選手には勝てるということを印象付けてしまいました。

 

ただ、今回はPERFECTの対応にも疑問が残ります。

PERFECT関連の大会とはいえ、韓国での試合の話。国内のPERFECTでの処分、しかも5試合の出場停止はかなり重い処分ではないでしょうか。

これは、PERFECT、TRINIDADと関係が深いフェニックス台の製造会社が韓国であること、今回のクレームを入れてきたのがBIGスポンサーであること、最近の日韓関係の悪化など、韓国側スポンサー、運営の感情的な怒りがぶつけられ、日本側PERFECTが屈してしまったのではないかと私個人は考えます。

 

みなさんはどう考えますか?

 

 


 

TARGET 鈴木未来 JADEITE 80

f:id:yuki02158:20190330123719j:image

世界女王 鈴木未来プロのジェダイトのエントリーモデル。ジェダイトタングステン95%だが、こちらはタングステン80%のモデルで、価格を抑えたエントリーモデルになっています。

 

80%タングステン
単体重量 18.0g
全長 48.0mm
最大径 6.8mm
2BA


f:id:yuki02158:20190330123737j:image
f:id:yuki02158:20190330123725j:image
f:id:yuki02158:20190330123732j:image
f:id:yuki02158:20190330123714j:image

 

こちらは翡翠色のLフライト、シャフトと組み合わせてみたセッテイング例。色を合わせると綺麗になります。

f:id:yuki02158:20190331192933j:image

f:id:yuki02158:20190331192940j:image

 

 

 

Monster 売却先決まる

先日倒産したMonster。負債額が高額で売却先を見つけるのは困難と思われていましたが、売却先が決まったようです。

売却先は千葉に拠点を持つERスポーツで、ULTIMAダーツを販売する会社ですね。

今回の発表の内容を見るとMonsterの商標とバレルなどのMonster商品の権利を買い取った模様。

 

f:id:yuki02158:20190628080449j:image

 

商標と商品の権利を買い取ったことにより、Monsterという名前は残りそうです。今後の展開はまだわかりませんが、過去モデルの再販やニューバレルの発表なども考えられます。

 

ただ、Monsterファンの私としては複雑。Monsterの名前ではあるものの、製造ラインはきっと今までとは違いますし、何よりMonsterの顔ともいえる看板プレイヤーは既に移籍済。座波プロ、鈴木徹プロ、ローレンスイラガンなどなど…既に新天地で活躍しています。

見た目はMonsterでも既にMonsterではないと個人的には思います。今後のNEW Monsterが過去のMonsterを超える日を願ってます。

 

詳細はこちら

ビリヤード&ダーツ【イーアールスポーツ】

MONSTER 倒産

メーカーからの正式発表は結局ありませんでしたが、一部のMonsterプレイヤーが倒産(廃業?)と発言していたこともあり、Monster の倒産がほぼ確定だと思われます。

今月からJAPANでもMonsterはスポンサーから外れているので、正式にMONSTERロゴの入ったユニフォームは着れなくなるようです。JAPAN岐阜からMonsterロゴは無くなります。

 

個人的にはMONSTERは日本一のバレルメーカーだと思ってきたので、いまだに倒産は残念で仕方ないですし信じられません。事業継続のために他のメーカーが名乗りをあげることも期待していましたが、今のところそれもなさそうです…。

 

故 橋本守啓プロ のOGREシリーズの新作ももう発売されません。

座波プロのGHOSTシリーズも、ローレンスイラガン選手のガンナーシリーズも、アナスタシア選手のモデルももう手に入らなくなるんです。。。

 

あとは旧TRIPLEIGHTのように、しばらく経ってから昔のモデルが別メーカーから復刻とか、そんなレベルで期待するしかないですかね…。

 

はぁー、こんな悲しいことないです。

MONSTER バレル倒産の噂についてのまとめ

令和最初の記事は、平成最後の衝撃ニュースについて。。。

MONSTER BARRELS DESIGNが倒産(廃業?)したとの噂が出てから1ヶ月。

これまで得た情報についてまとめてみました。

 

ちなみにMONSTERからの正式な発表は現時点でもありません。

(倒産したから発表できないのかもしれませんが)

あくまでこの1ヶ月で個人的に聞いた、調べた情報から独断で判断したものですのでご注意ください。

 

モンスター倒産の話を耳にしたのは4月1日。以前から噂があったのかどうかは定かではありませんが、monsterに近い関係者も知らなかったようなので突然の倒産だったようです。

 ちょうど同じ時期に看板プレイヤーのまよんぬやエイドリアングレイ選手の他メーカーへの移籍やさーやの活動停止の発表などがあり、メーカー存続を心配する声が上がっていた矢先の出来事。ひょっとしたら移籍話も倒産の話が絡んでいたのかもしれませんね。。。

 

業界関係者やプロの間で倒産したらしいとの話が出てきたのが4月1日でした。

この時点で色々と調べて以下のような情報から、ある程度の確証を個人的に得ていました。

・Monsterと関わりの深いプロやトッププロ、MonsterのデザイナーがTwitterでMonster倒産を思わせるツィートをしている(Monsterの名前は出ていないが、Monsterだとわかる内容だった)

・業界関係者がMonste倒産と発言

・Monster主催・協賛のダーツイベントについて問い合わせをした一般ユーザが担当者からMonster倒産を告げられる

 

この時点でかなり倒産の噂が真実味を帯びてきて、一部の情報通の人からもMonste倒産の噂がネット上で発信されるようになります。ただ、この時点では倒産に否定的な意見が多かった。それは、以下の事実と意見によるもの。

・3月下旬に新作バレルが発表されたばかり

・JAPAN , PERFECTのスポンサーは継続している

・仮に倒産したとしても、他のバレルメーカーが買い取るのではないか?で、あれば倒産と騒ぐのは良くない

 

JAPANのスポンサーについては4月いっぱいで終了するとの話を聞いていたので、この1ヶ月はMONSTERバレルの存続を願って静観していましたが、現時点での状況は以下になります。

 

・Monster の 公式WEBショップの閉鎖。

こちらは4月の20日ごろから閉鎖されています。また公式カタログもリンクが無効になりました。ホームページはまだ参照できます。

www.monster-darts.jp

 

・JAPAN 、PERFECTの公式スポンサーからMonsterが消える。

こちらは事前に得ていた情報通り4月いっぱいだったようです。

先日行われたTHE WORLDからもMonsterはスポンサーでは無くなっていました。

THE WORLDに出場していたローレンスイラガンやレオナードゲイツなどの海外の有名プレイヤーはMonsterのロゴが入っていないウェアを着るか、テープで隠して出場していました。

japanprodarts.jp

 

www.prodarts.jp

 

・Monster公式広報のTwitterが停止

3/29を最後にツィートが止まっています。

 

これ以外にも、Monsterの社長がVAR LIVEという台湾の会社が開発したVRアトラクション筐体の事業に関わっていて、巨額の負債を負ったために失踪。他のバレルメーカがMonsterバレルを買い取るなどができないのではないかとの話も耳にしました。

 

以上の状況から、現時点ではMonster バレルの倒産(または廃業)は事実なのではないかと考えています。

ですが、正直、Monster倒産はショックすぎて受け入れ難い。

現時点でもメーカー存続を願って止まない1ファンであることは変わっていません。

一時は橋下守啓選手や村松治樹選手なども在籍し、日本の怪物プレイヤーを多く抱える誰もが認める日本のトップを走っていたバレルメーカー。名作と呼ばれるバレルが数多く存在しています。

このまま無くなるのは本当に勿体無いと思いませんか?支援してくれるメーカーが現れることを願います。